2024年6月12日水曜日

●西鶴ざんまい #61 浅沼璞


西鶴ざんまい #61
 
浅沼璞
 
 
神鳴や世の費なる落所   打越
 勧進能の日数ふり行   前句
厚鬢の角を互に抜あひし  付句(通算43句目)
『西鶴独吟百韻自註絵巻』(1692年頃)
 
【付句】二ノ折、裏七句目。雑。 厚鬢(あつびん)=月代を狭く、鬢を厚くとった神職等の髪型。
角(すみ)=額際。   歌舞伎用語案内 (https://enmokudb.kabuki.ne.jp/phraseology/phraseology_category/kabuki-no-katsura/kamigata-no-kisochishiki/)

【句意】厚鬢の額際を互いに抜きあった。

【付け・転じ】打越・前句=水神鳴に雨天順延の勧進能を付けた。前句・付句=雨天順延中の役者の描写で転じた。

【自註】奈良座*は皆神役(じんやく)の者、何(いづ)かたへもやとはれて、*地うたひ・はやしかたを勤めける、其の風俗隠れもなし。極めて厚鬢の男どもなり。雨の日は、楽屋入もせず、隙(ひま)成るまゝに、太夫かたより馳走の宿々にして、毛貫(けぬき)を慰めとするもをかし。
*奈良座=春日明神の下級神職の奉仕する猿楽座。
*地うたひ・はやしかた=詞章を謡う人・伴奏する人。

【意訳】奈良座はみな神職の者で、どこへでも雇われて行き、地謡・囃し方の役をつとめる。彼らの風俗は世間に知られて隠れもない。とても厚鬢の男たちである。雨の日は、楽屋にも入らず、暇にまかせ、勧進元から給せられた宿屋宿屋で、毛抜きを慰みにするのも面白い。

【三工程】
(前句)勧進能の日数ふり行

楽屋入り致さぬ宿のつれづれに 〔見込〕
  ↓
  厚鬢の角の互に気になりて   〔趣向〕
    ↓
   厚鬢の角を互に抜あひし    〔句作〕

雨の日の役者に視点を合わせ〔見込〕、どのように過ごしているかと問いながら、身だしなみに思いを定め〔趣向〕、厚鬢の額の両角を互いに抜きあう様子を詠んだ〔句作〕。

 
厚鬢は上品だけど、地味で野暮な髪型って言われてますね。
 
「社人は烏帽子を被るから厚鬢なんや」
 
なるほど。けど、神職が芸能を副業としてるのは意外でした。
 
「神職いうてもな、春日の禰宜役者は下級の者らで仰山おったんやで」
 
その者たちが額際の毛を抜きあっている……という。
 
「なんや男色の匂いがするやろ」
 
恋の呼び出し、ですか。
 
「また引っかかりよった。ネタバレ禁止、言うてたやろ」
 
あ、そうでした。

2024年6月10日月曜日

●月曜日の一句〔阪西敦子〕相子智恵



相子智恵






金魚揺れべつの金魚の現れし  阪西敦子

句集『金魚』(2024.3 ふらんす堂)所収

掲句、初めて読んだのは何年も前のことだが、その時に一発で覚えてしまった好きな句だ。今回読み直してみて、やはり名句なのではないかと思う。

尾が大きく広がった丸っこい金魚を想像する。尾ひれをふわっと揺らして方向を変えた瞬間、尾ひれの後ろにいて見えなかった別の金魚が姿を現す。何でもない瞬間だけれど、ハッとする美しさがある。金魚の美しい色でしか表せない世界だ。

美しさだけでなく、どこか無常観があると感じるのは私だけだろうか。鑑賞のためだけに人の手で改良され、もともと自然界には存在せず、これからも自然界に存在することがない金魚。その自然と切り離された存在がもつ浮遊感、根無し草な感じが、金魚の揺らぎと、前にいた金魚と何の関係もなく、ポッと目の中に現れる別の金魚……という場面にもつながっているような気がするのだ。

降ろさるるとき静かなり大熊手

熱燗のところどころを笑ひけり

ラガーらの目に一瞬の空戻る

秋祭ある沿線やすこし飲む

本書は著者の約40年の日常が詰まった大冊で、読みどころはたくさんある。景色の捉え方はどちらかといえば明るいほうだが、表題句をはじめとして、上に挙げたようなきらめいて見える物や、喧騒の中に感じる一抹の静けさといった、淡い情感も心に残った。
 

2024年6月3日月曜日

●月曜日の一句〔黒岩徳将〕西原天気



西原天気

※相子智恵さんオヤスミにつき代打。




蜘蛛の巣の中のはちきれさうな雲  黒岩徳将

つまりは、蜘蛛の巣越しの積乱雲。これ、12音。散文的には12音で済む事象が、17音の俳句になる。音数的な余分・余裕には、《はちきれさう》という観察者の認識というか印象が盛り込まれた。ここに「気分」が出る。夏の気分。その日そのときの気分。

《の中に》とうやや強引な措辞(中じゃないしね)は、現実の遠近を無効にして、雲が蜘蛛の巣にとらわれて、むくむくと蜘蛛の巣からはみ出そうな勢い。ここにも「気分」がある。

蜘蛛から雲へ、同音異義の遊びは、この句の主眼ではないが、それも愉しい。読者が作者と軽く微笑み合える感じ。

掲句は黒岩徳将句集『渦』(2024年5月/港の人)より。

2024年6月1日土曜日

◆週刊俳句の記事募集

週刊俳句の記事募集


小誌『週刊俳句』がみなさまの執筆・投稿によって成り立っているのは周知の事実ですが、あらためてお願いいたします。

長短ご随意、硬軟ご随意。※俳句作品を除く

お問い合わせ・寄稿はこちらまで。

【転載に関して】 

同人誌・結社誌からの転載

刊行後2~3か月を経て以降の転載を原則としています。 ※俳句作品を除く

【記事例】 

俳誌を読む ≫過去記事

俳句総合誌、結社誌から小さな同人誌まで。かならずしも号の内容を網羅的に紹介していただく必要はありません。

句集を読む ≫過去記事

最新刊はもちろん、ある程度時間の経った句集も。

時評的な話題

イベントのレポート

これはガッツリ書くのはなかなか大変です。それでもいいのですが、寸感程度でも、読者には嬉しく有益です。



そのほか、どんな企画でも、ご連絡いただければ幸いです。

2024年5月31日金曜日

●金曜日の川柳〔真島久美子〕樋口由紀子



樋口由紀子





帰りたいときに帰れという小雨

真島久美子(ましま・くみこ)1973~

恋句だろう。恋人の家に行っていて、もうそろそろ帰らなくはならない時間になった。外は小雨。強い雨なら、雨が止んでから帰ると言えるが、帰れないほどの雨ではない。恋人も「帰れ」とは言わない。しかし、「帰るな」とも言わない。いつまでも続きそうで止みそうもない小雨。「小雨」の微妙な存在が二人の微妙な関係を映し出す。小雨はひんやりと冷たく、その音はだんだんとつれなく聞こえてくる。

言葉のつなぎ方にセンスがあり、情念をたっぷりと含んだ「私」を濃厚に立ち現わしている。一方、意味深な内容なのに、それに反するように音にのった言葉に躍動感がある。その後、どうしたのだろうか。『恋文』(2024年刊 共和印刷)所収。