2018年10月21日日曜日

2018年10月20日土曜日

●2018 「角川俳句賞」落選展作品募集のお知らせ

2018 「角川俳句賞」落選展作品募集のお知らせ


第64回角川俳句賞は、鈴木牛後さん「牛の朱夏」に決定いたしました。おめでとうございます!!

さて。

今年も『週刊俳句』では「落選展」を開催いたします。

第64回角川俳句賞に応募され、惜しくも受賞ならなかった50句作品を、この落選展にお寄せください。

応募作品の全てを『週刊俳句』誌上に掲載いたします。


(10月25日発売の「俳句」11月号誌上に掲載の作品は、発表を見合わせます)


送付〆切 2017年10月31日(水)

送り先

● 福田若之 kamome819@gmail.com
● 岡田由季 yokada575@gmail.com
● 村田 篠 shino.murata@gmail.com
● 上田信治 uedasuedas@gmail.com 
● 西原天気 tenki.saibara@gmail.com

電子メールの受付のみとさせていただきます。

書式:アタマの1字アキ等、インデントをとらず、句と句のあいだの行アキはナシでお願いいたします。

あわせて簡単なプロフィールを、お寄せ下さい。

ご不明の点があれば、上記メールアドレスまでお問い合わせください。

なにとぞ奮って御参加くださいますようお願い申し上げます。

2018年10月18日木曜日

●梨 西原天気



西原天気


西のほうで暮らしていたせいでしょう、梨といえば、きまって「二十世紀」、産地といえば鳥取県でした。

  前世紀の遺物の梨を食うてをり  三島ゆかり〔*〕

カシカシと果肉に歯が入るたび、果汁がほとばしる。みずみずしい品種です。

東京近郊に移り住んでからは、とんと「二十世紀」を見なくなりました。幼いときの反動はこの分野にもあらわれ、好みはしだいに、やわらかい梨へ、「二十世紀」とは対照的に食感がムニムニとした洋梨へ。

  洋梨喰ふ夜はひたひたと沖にあり  櫻井博道

  洋梨とタイプライター日が昇る  髙柳克弘

  洋梨はうまし芯までありがたう  加藤楸邨

ありがとう、梨。ありがとう、いろいろな梨。


〔*〕『鏡』第29号(2018年10月1日)

2018年10月16日火曜日

〔ためしがき〕 てんげり 福田若之

〔ためしがき〕
てんげり

福田若之

助動詞の「つ」+「けり」には二通りある。よく知られている「てけり」がひとつ。それとは別に「てんげり」というかたちがある。

俳句では、尾崎紅葉の《いと惜しむ手鞠縁より落ちてんげり》 や本井英の《墓主は切られてんげり法師蝉》といった句があるが、いまのところ、あまり見ないように思う。

まだまだ、開拓する余地があるかもしれない。

2018/10/10

2018年10月14日日曜日

〔週末俳句〕10月の入り江 木岡さい

〔週末俳句〕
10月の入り江

木岡さい


臀部をすくい二の腕を引っ張り岩に押し付けた。切りたった石灰石の崖を見上げる入り江で泳いでいた時だ。盛り上がる波の緩やかさに油断していた。身体は一瞬、波になされるがままになった。

子どもがいない10月の海岸。大人たちは、持参のパラソルの下で寛いだり、潜ったりしている。ガツガツとした岩場を行く、こんがりと日焼けした姿はどれも、映画 『太陽がいっぱい』のアラン・ドロンに見えるのが不思議だ。夏の名残りがまだ腰を据える空気の層の奥に、マルセイユの高層ビルが小さくかすむ。

陸に上がると、海水と混じりあった血が左肘に広がった。荒い岩肌で切ったらしい。近くの男性が血に気づき、ティッシュを差し出した。白い野球帽にサングラス。ひとりで時々この海岸へ来るという。「ミストラルが吹かない日も、このあたりの波の流れは強いからね」と、サングラスをずらし微笑んだ。

男性と30分ほど話し、読みかけの本を開いた。変哲もない日。みんな裸ということ以外は。