2020年2月21日金曜日

●金曜日の川柳〔金築雨学〕樋口由紀子



樋口由紀子






コインロッカー荷物を出して他人になる

金築雨学 (かねつき・うがく) 1941~

「コインロッカー荷物を出して」まではごく普通のセリフである。が、それが「他人になる」であっと思わせる。それまでは身内だったのかと戸惑いを覚える。確かに私の大切な、身近な荷物が入っているときは気になる存在の、言われてみれば身内の感覚で。でも、荷物を取り出してしまえば、もう何の未練もなくなり、さっぱりと「他人になる」と言う。

しかし、他人や身内は人間同士間のことで、モノには無縁で、モノに対して本来は言わない。それを強いて使うことによって、「他人になる」というにはどういうことなのかと、言葉を立ち現わす。そして、他人になった「コインロッカー」はその姿をずっと見せ続ける。『現代川柳の精鋭たち』(2000年刊 北宋社)所収。

2020年2月20日木曜日

●木曜日の談林〔三千風〕浅沼璞


浅沼璞








梅ひとり後に寒き榾火かな   大淀三千風
『荵摺』(元禄二年・1689)

俳諧の発句だから、季重ねは気にしないけれど、「後(うしろ)に寒き」の写実は俳句っぽい。
これを反転させると、
とつぷりと後暮れゐし焚火かな    松本たかし
となる。
時代を越えた響き合い、などと言えば月並みだが、背後のリアリティの交響はたしかなものだ。

年代から推しても談林というより談林後の元禄正風体。それを承知で取り上げたけれど、「背後」と「談林後」のアナロジーもうかぶ。


三千風という号は、西鶴バックアップのもとになされた矢数俳諧2800句独吟による。仙台居住、諸国行脚、鴫立庵再興と流転の俳諧師であったが、ルーツは談林にほかならなかった。

2020年2月17日月曜日

●月曜日の一句〔岡崎桂子〕相子智恵



相子智恵







息通ふほどのへだたり立雛  岡崎桂子

句集『大和ことば』(朔出版 2020.01)所載

なるほど、確かにそうだなあ、と思った。〈立雛〉は、男雛が両手を横に伸ばした恰好で、女雛は手を閉じているものが多く、男雛のピンと張った片袖の内側に、女雛が寄り添うような配置のものが多い。掲句から私が想像するのも、そのような配置の〈立雛〉だ。

二つの雛人形は寄り添ってはいるけれど、決してくっついてはいない。息が通うほど近く、でも二体の間には明らかに〈へだたり〉がある。

〈息通ふ〉の擬人化によって、この〈立雛〉は人間らしい体温を与えられているが、一方で、〈へだたり〉には人形独特の冷たさがある。その落差によって、温もりがあるのに、しんと冷ややかな雛人形というものがうまく表現されている。

2020年2月14日金曜日

●金曜日の川柳〔倉本朝世〕樋口由紀子



樋口由紀子






間違って「閉経!」と言う裁判長

倉本朝世 (くらもと・あさよ) 1958~

そんなことはさすがにありえないだろうと思いながらも、ひょっとしたらと、にたにたしながら読んだ。裁判長という偉い人でもそういう間違いをすることはあるかもしれない。「閉廷(へいてい)」と「閉経(へいけい)」、「て」と「け」のたった一文字の発音の違いである。けれども意味内容は大きく変わる。一字違いで大違いの、わざとらしさが功を奏している。

誰もがやってしまいそうなことを、誰もが持っている不安感をユーモアで引き出している。言葉の意味性を逆手にとって、とんでもないところを見せる。「閉経」と「裁判長」を象徴的に存在させて、言葉の、社会の、価値観の転覆をはかっているようにも思う。『現代川柳の精鋭たち』(2000年刊 北宋社)所収。

2020年2月10日月曜日

●月曜日の一句〔宮本佳世乃〕相子智恵



相子智恵







その他はブルーシートで覆はるる   宮本佳世乃

句集『三〇一号室』(港の人 2019.12)所載

掲句、何がブルーシートで覆われているのか明示されていない。ただ〈その他は〉とあるだけだ。〈その他〉は「それ以外のもの」ということだから、逆にどうしても「以外」で区切られた「それ」を思い浮かべる構造になっている。「それ」であるところの「ブルーシートの外の世界」は、「それ」として言及するほど特別であり、つまり、取り立てて言及する必要のない「名もなき日常」の世界ではないことがわかる。これは日常の中で見たブルーシートではなく、やはり被災地のブルーシートなのだろう。

ブルーシートに関する wikipedia に〈阪神・淡路大震災では、避難所の設営、破壊された屋根の雨漏り対策などに使われ、防災グッズとしての利点も見いだされたことから、対策の備蓄品として防災倉庫にストックする自治体も増えた〉と書いてあって、ブルーシートには「災害」という読みのコードが強烈に付加されたのだ、と改めて思う。

ここから〈覆はるる〉で見えてくる景がある。ブルーシートに覆われ、半端に「片づけられた」景だ。掲句はその悲しみを、透明感のある静かな文体で詠む。

かつて、この場所には〈その他〉と「それ」をブルーシートで分ける必要のない、名もなき日常があった。再び日常を取り戻そうとするその場所のあちこちが、今はブルーシートで覆われている。景観を考慮して青色になったというシートの、明るくのっぺりとした人工的な青色に、何とも言えない喪失感がある。

〈その他は〉と極度に風景を抽象化しながら、被災地の風景の本質を静かに掴み出している一句だ。