2023年5月31日水曜日

西鶴ざんまい #44 浅沼璞


西鶴ざんまい #44
 
浅沼璞
 
 
 筬なぐるまの波の寄糸    打越
四十暮の身過に玉藻苅ほして
  前句
 飛込むほたる寝㒵はづかし
  付句(二オ4句目)
『西鶴独吟百韻自註絵巻』(1692年頃)
 
【付句】二ノ折、表4句目。
ほたる=夏。 はづかし=恋。 寝㒵(ねがほ)=寝顔。 浮草―蛍(類船集)。

【句意】飛込んできた蛍の、その光で寝顔を見られるのも恥ずかしい。

【付け・転じ】打越・前句=機織り業の女性から漁業の年輩女性へと続ける。前句・付句=年輩女性を受けながら夏の恋へと転じる。

【自註】中年寄(なかどしより)たる女は身に白粉(おしろい)を色どりさまざまに作るとすれども、㒵形(かほかたち)おのづからすさまじ。此句は前と同じ心の移り*、大かた前句の噂*にも成ける。恋の付合には、前句のうちより出でたるすがたならず也(や)。寝㒵を思ふも火の影に恥ぢぬる一体。「ほたる」は前の「玉藻」に付寄せ、連俳にかぎらず、正風の付よせ物也。
*心の移り=元禄風の「移り」。 *前句の噂=貞門では説明的な噂付を嫌ったが、談林は容認した[角川・俳文学大辞典]。西鶴も「恋の詞」に頼り過ぎるのを嫌い、恋の噂付を好んだが、噂話のように間接的に恋句を詠むことを庶幾した〔定本西鶴全集「俳諧のならひ事」〕。

【意訳】年輩の女性は、身に白粉を塗り、さまざまに化粧をしても、外見は自ずから似合わしくなくなる。この句は前句と同じ心の「移り」、あらかた前句の意を含んだ噂付にもなっている。恋の付合としては、前句の中から出た形ではないだろうか。寝顔を(恥ずかしく)思うのも、火によってあらわになることを恥じての一風景。「ほたる」は前句の「玉藻」に付寄せたもので、俳諧にかぎらず、和歌・連歌でも縁語になっている詞である。

【三工程】
(前句)四十暮の身過に玉藻苅ほして

 まだ恋心隠し持つなり    〔見込〕
    ↓
 ほたるの照らす恋のはづかし 〔趣向〕
    ↓
 飛込むほたる寝㒵はづかし  〔句作〕

前句の四十女にも恋心がまだあるとみなし〔見込〕、どのような恋をするのかと問いながら、浮草―蛍(類船集)の縁語によって夏の恋と定め〔趣向〕、初老の地女(素人女性)の「寝顔」という題材に焦点を絞った〔句作〕。


 
そういえば『一代男』にも蛍の恋句がありましたね。
 
「ああ、江戸吉原の吉田大夫やろ」
 
はい、貞門派の嶋田飛入(ひにふ)が〽涼しさや夕べ吉田が座敷つき、と発句を詠むと、〽蛍飛び入る我が床(とこ)のうち、と大夫が即座に挨拶した場面ですね。
 
「飛入の俳号を詠みこんだんは吉田の手柄やけど、もともとは源氏の蛍巻の面影や」
 
その元ネタをここでは年輩の地女に趣向したわけですよね。雅俗混交の『一代男』から俗談平話の『胸算用』への流れにシンクロしてますね。
 
「? 新九郎って誰やねん」
 

2023年5月29日月曜日

●月曜日の一句〔金子敦〕相子智恵



相子智恵






サンドイッチしづかに倒れ雲の峰  金子 敦

現代俳句文庫88『金子敦句集』(2023.4 ふらんす堂)所収

そういえば、サンドイッチは音もなくゆっくり倒れる。それも、ひとかたまりで倒れるのではなくて、たいてい中身の部分でばらけてしまう。レタスのところで分かれて倒れることが多い気がするが、きっと密着しにくいのだろう。

取り合わせは〈雲の峰〉だから、外で食べていると想像される。ピクニックだろうか。食べきれなかった少し乾いたサンドイッチが静かに倒れ、どっしりと動かないように見える雲の峰もまた、静かに形を変えていく。そんな午後である。

外で食べるサンドイッチのある風景というのは、幸せな一場面のような気がするのに、この静寂には、どこか寂しさがある。サンドイッチの乾いてゆく午後の光は、過ぎ去った夏を思い出す時の、うっすらとした寂しさにつながっていく。

2023年5月26日金曜日

●金曜日の川柳〔小林不浪人〕樋口由紀子



樋口由紀子






あきらめて歩けば月も歩きだし

小林不浪人 (こばやし・ふろうにん) 1892~1954

なんとなくわかる。こういうあきらめのかぶせ方をしたことがある。もちろん、月が歩きすわけはない。「あきらめ」は生きていくうえの大切な対処法で、それは月だってわかってくれている。だから、一緒に歩いてくれていると思いたかったのだ。

「あきらめて」と「月」はなんとも味のある取り合せである。それぞれの言葉は別種で、まったく異なる温度と世界を持っている。「あきらめ」のONのスイッチが入れるためには、都合のいい錯覚を作り出すには、「月」は好適役である。軽妙な韻律で温かみのある絵になった。『東奥文芸叢書川柳22 柳の芽』(2015年刊 東奥日報社)所収。

2023年5月22日月曜日

●月曜日の一句〔井出野浩貴〕相子智恵



相子智恵






鮎焼かれなほ急湍をゆくかたち  井出野浩貴

句集『孤島』(2023.5 朔出版)所収

〈急湍(きゅうたん)〉は、流れの速い瀬。早瀬のことだ。考えてみれば、鮎の塩焼きをつくる際に、まるでまだ生きて泳いでいるかのように、ぐねりと曲げた形で串に刺して焼き、その形をとどめるというのは、〈海鼠切りもとの形に寄せてある 小原啄葉〉の刺身の並べ方と並んで、本当は残酷なことであると、このような句によって突きつけられる。活き活きとした新鮮さの演出が、死んで私たちの食べ物となったものに対して施されるという矛盾。

それでも、ただ「泳ぐ」という認識の範囲で書くのではなくて、〈急湍をゆく〉と想像したのがいい。岩の間を縫って身をくねらせながら急流を素早く泳ぐ時こそ、鮎にとっては疲れるけれど最も楽しい時間だったのかもしれないと思う。〈なほ〉の一言にも、哀しみが際立つ。

2023年5月19日金曜日

●金曜日の川柳〔山本忠次郎〕樋口由紀子



樋口由紀子






笑わない老爺と連れの嗤う老婆

山本忠次郎 (やまもと・ちゅうじろう) 1936~

町で見掛ける老夫婦に目が行くようになった。確かに掲句のような夫婦を見かける。その反対も、あるいは共に笑っていない、共に嗤っている、二人もいる。その中で作者はあえてここを切り取った。もっとも共感したのか、あるいは一番映えたのか。わかりやすい対称構造で、具体性と描写性が富んでいる。

それとも一枚の写真なのだろうか。過っての自分たちなのか。長い時間をかけて形成された、二人にしか出せないは絶妙のコンビネーションなのかもしれない。そこには写っていない重層とユーモアと割り切れなさがある。『現代川柳の精鋭たち』(2000年刊 北宋社)所収。