2018年12月11日火曜日

〔ためしがき〕 坂口安吾の小林秀雄論について、勝手なことを書く。 福田若之

〔ためしがき〕
坂口安吾の小林秀雄論について、勝手なことを書く。

福田若之


文芸批評が陥るある種の宗教性に対する批判としては、坂口安吾の「教祖の文学――小林秀雄論」が名高い。いや、名高いかどうかなんてことはこの際どうだっていい。とにかく、そうした批判としては安吾の「教祖の文学」がある。

この論のなかで、安吾は、「當麻󠄁」と題された小林の文章から「美しい「花󠄁」がある、「花󠄁」の美しさといふ樣なものはない」という一節を取り上げて、次のとおり批判している。
 私は然しかういふ気の利いたやうな言ひ方は好きでない。本当は言葉の遊びぢやないか。私は中学生のとき漢文の試験に「日本に多きは人なり。日本に少きも亦人なり」といふ文章の解釈をだされて癪にさはつたことがあつたが、こんな気のきいたやうな軽口みたいなことを言つてムダな苦労をさせなくつても、日本に人は多いが、本当の人物は少い、とハッキリ言へばいゝぢやないか。かういふ風に明確に表現する態度を尊重すべきであつて日本に人は多いが人は少い、なんて、駄洒落にすぎない表現法は抹殺するやうに心掛けることが大切だ。
 美しい「花」がある。「花」の美しさといふものはない、といふ表現は、人は多いが人は少いとは違つて、これはこれで意味に即してもゐるのだけれども、然し小林に曖昧さを弄ぶ性癖があり、気のきいた表現に自ら思ひこんで取り澄してゐる態度が根柢にある。
ところで、こう批判する当の安吾は、この論をどういう表現で締めくくっていたか。こうだ。
落下する小林は地獄を見たかも知れぬ。然し落下する久米の仙人はたゞ花を見ただけだ。その花はそのまゝ地獄の火かも知れぬ。そして小林の見た地獄は紙に書かれた餅のやうな地獄であつた。彼はもう何をしでかすか分らない人間といふ奴ではなくて教祖なのだから。人間だけが地獄を見る。然し地獄なんか見やしない。花を見るだけだ。
しかし、「人間だけが地獄を見る。然し地獄なんか見やしない」とは、これ自体、小林秀雄的な、すなわち、意味に即してはいるが曖昧な、気の利いたような表現ではないか。「人間だけが地獄を見る。しかし、当の人間はそれが地獄だとは思ひもしない」とでも書けば、すくなくともより明確にはなるだろう。

こんなふうに書くと、まるで安吾の揚げ足を取ろうとしているように読まれるかもしれないが、そうではない。むしろ、このあからさまな齟齬こそ、まさしく安吾の論の核心に触れるものだということが言いたいのだ。小林が、「歴史の必然」ということを言い、さらにまた、「無常といふこと」という文章のうちに、あるとき彼自身が川端康成に言ったこととして「生きてゐる人間などといふものは、どうも仕方のない代物だな。何を考へてゐるのやら、何を言ひ出すのやら、仕出來すのやら、自分の事にせよ他人事にせよ、解つた例しがあつたのか。鑑賞にも觀察にも堪へない」と記しているのに対して、安吾は次のとおり応じる。
生きてる奴は何をやりだすか分らんと仰有る。まつたく分らないのだ。現在かうだから次にはかうやるだらうといふ必然の筋道は生きた人間にはない。死んだ人間だつて生きてる時はさうだつたのだ。人間に必然がない如く、歴史の必然などといふものは、どこにもない。人間と歴史は同じものだ。ただ歴史はすでに終つてをり、歴史の中の人間はもはや何事を行ふこともできないだけで、然し彼らがあらゆる可能性と偶然の中を縫つてゐたのは、彼らが人間であった限り、まちがいはない。
だから、「気の利いたやうな言ひ方は好きでない」という安吾が、あたかも足をすべらしてプラットフォームから落っこちてしまうかのように、当の文章をそうした気の利いたような言い方で締めくくってしまっているからと言って、目くじらを立てるような真似をするのは、まったくもって野暮なことだ。むしろ、安吾の小林批判の核は次の一節に書かれていることだったはずだ。
 人間は何をやりだすか分らんから、文学があるのぢやないか。歴史の必然などといふ、人間の必然、そんなもので割り切れたり、鑑賞に堪へたりできるものなら、文学などの必要はないのだ。
 だから小林はその魂の根本に於て、文学とは完全に縁が切れてゐる。そのくせ文学の奥義をあみだし、一宗の教祖となる、これ実に邪教である。
歴史を必然と見て崇拝する小林の傾向に、安吾は生と偶然との肯定を通じて否を突きつける。このことに比べれば、表現の曖昧さなどはまったく皮相的なことにすぎない。安吾が「小林秀雄も教祖になつた」と書くとき、その直前に書かれているのは「あげくの果に、小林はちかごろ奥義を極めてしまつたから、人生よりも一行のお筆先の方が真実なるものとなり、つまり武芸者も奥義に達してしまふともう剣などは握らなくなり、道のまんなかに荒れ馬がつながれてゐると別の道を廻つて君子危きに近よらず、これが武芸の奥義だといふ、悟道に達して、何々教の教祖の如きものとなる」ということだ。安吾が「私が彼を教祖といふのは思ひつきの言葉ではない」と書くとき、その直前に書かれているのは「生きた人間を自分の文学から締め出してしまつた小林は、文学とは絶縁し、文学から失脚したもので、一つの文学的出家遁世だ」ということだ。人生を軽視し、生きた人間を文学から締め出すとき、ひとはそのことによって小林秀雄のように文学の「教祖」になってしまう――安吾が書いているのは要するにそういうことだ。

安吾は「人生はつくるものだ。必然の姿などといふものはない。歴史といふお手本などは生きるためにはオソマツなお手本にすぎないもので、自分の心にきいてみるのが何よりのお手本なのである」と書く。ならば、安吾の「人間だけが地獄を見る。然し地獄なんか見やしない」という表現は、小林秀雄的か。断じて否だ。安吾は、きっと、こう書かないことだってできただろう。けれど、こう書いた。書いてしまった。たぶん、書かずにはいられなかった。「恋は必ず破れる、女心男心は秋の空、必ず仇心が湧き起り、去年の恋は今年は色がさめるものだと分つてゐても、だから恋をするなとは言へないものだ」と安吾は書く。言葉遊びの欲求もまた、抹殺を心掛けたからといって殺しきれるものではない。そのとき、安吾は生きていたのだ。

 ●

これで、「ためしがき」の連載をいったん終わる。理由? そもそも理由もなくはじまったものが終わるのに、ただそうしたくなったという以上の理由が必要だろうか。まあ、いずれにせよ、僕は今のところためしがきということそのものをやめるつもりはない。ただ、それをノートのうえでなされるより内密ないとなみへと還すというだけのことだ。

2018/12/4

2018年12月10日月曜日

●月曜日の一句〔岡田一実〕相子智恵



相子智恵






暗渠より開渠へ落葉浮き届く  岡田一実

句集『記憶における沼とその他の在処』(青磁社 2018.8)所収

「暗渠」の対義語は「開渠」なのだな、と耳慣れない言葉をしばらく頭の中で転がしているうちに、この二つの言葉が生まれた順番が気になってきた。おそらく暗渠の方が先にできたのではないか。

きっと昔は「水路」や「用水路」という言葉で足りていた。技術的に考えてもそれは「開渠」の状態が当たり前だったろうから、水路と開渠を区別する必要はない。そこから都市の整備が進み、「暗渠」が作られるようになって初めて、それに対応する「開渠」という言葉も生まれた……のではないだろうか。調べていないから、ただの憶測だけれど。

掲句は暗渠が途切れて外へ出た水路に、落葉がパッと浮いて流れてきた一瞬を捉えた。それだけを見ればまことに鮮やかな写生句である。けれども暗渠と開渠が並べられたことで、この落葉が来た距離と時間の道筋の長さを感じないわけにはいかない。

木の葉は、閉じた暗渠に落ちることはできない。だからこの落葉は、川や水路(開渠)に落ちて→暗渠→開渠と浮いて流れ着いたことがわかる。しかもただ流れ着いたのではなく〈届く〉という言葉が選ばれている。それによって「暗渠の向こうから水面に差し出された落葉が、無事に浮いたままこちら側に届きましたよ。その一瞬を、通りすがりの私は見届けましたよ」という誰にでもないつぶやきが(あえて言えば葉を落とした木に向けたつぶやきが)一句になっているのではないか。

川や用水路の水面が空と接していた、暗渠とも開渠とも無縁だったかつて都市の記憶という“時間的な距離”。木の葉が落ちた場所から暗渠を通ってきた“空間的な距離”。一枚の落葉は、暗渠と開渠という言葉によって、その距離を経た一枚の手紙のように浮いて届く。それを静かに感じ取り、受け取っている人がいる。きわめて日常的な都会の風景の中に、一瞬の小さな奇跡があるのだ。

2018年12月8日土曜日

●土曜日の読書〔てがみ〕小津夜景




小津夜景







てがみ

いつだったか、近所を歩いていて、生垣の蔭にぶら下がっている手づくりの郵便箱を発見した。

郵便箱の正面には、たどたどしい字で、
おねがい
ここに  てがみを いれてください
みんなのてがみ とどけます
げつ・すい・きんは おやすみです
と、黒いマジックで書かれている。

子供は手紙に憧れるものだ。可愛いなあと快い気分でいたら、郵便箱はその生垣の家に住む5歳の男の子のもので、かつて一度も手紙が入っていた試しのないことを近所の立ち話で知った。

えらいことを知ってしまったと慌て、絵葉書に本物の切手を貼って男の子の郵便箱に投函したのがつい昨日のこと。で、今朝その生垣を見にゆくと、郵便箱がない。どこにも。うーん。まさか本物の手紙が入っていたせいで、怖くなって外してしまったのだろうか。

子供と手紙といえば、中川李枝子他『こんにちはおてがみです』(福音館)はしゃれた仕掛け絵本だ。頁には10通の封筒が貼られ、その中に福音館選りすぐりの10冊の主人公からの手紙が入っている、たとえばこんな書き出しの。

「ぼくらのなまえは ぐりとぐら このよでいちばん すきなのは おてがみかくこと もらうこと」。

この文面は『ぐりとぐら』の「ぼくらの なまえは  ぐりとぐら  このよで いちばん  すきなのは  おりょうりすること たべること」の替え歌だ。ああ、なんという良き日常。

10冊の中には佐々木マキ『やっぱりおおかみ』もあった。子供って孤独でシニカルな存在者だから、おおかみくんへの愛は至って当然だろう。


2018年12月6日木曜日

●木曜日の談林〔松尾芭蕉〕黒岩徳将



黒岩徳将








今朝の雪根深を薗の枝折哉  芭蕉

延宝七年作。「枝折」は目印・道標の意。真っ白な雪に葱の葉がちらちらと見える。見立ての句であるが、談林にしては少しこの句は大人しいのではないか、と思った。しかし、『芭蕉全句集』(角川ソフィア文庫)によると、「和歌では雪の山路での枝折を詠むことが多く、それを菜園の雪景とした点に俳諧らしさがある。」とある。なるほど。世界が矮小化されていると思うよりも、ここにも枝折があったか、という気持ちを楽しんだ方が良さそうだ。加えて、この「〜を〜の〜哉」というつるつるとした言い回しも、とんとんと調子が良い。動詞がないことが句の立ち姿につながっている。

2018年12月4日火曜日

〔ためしがき〕 岸本尚毅と語彙についての覚え書き 福田若之

〔ためしがき〕
岸本尚毅と語彙についての覚え書き

福田若之

風味絶佳だが、見た目は少しキモい。
(『岸本尚毅集』、俳人協会、2018年、47頁)
これは《つくづくと見る鮒鮨や秋の風》(岸本尚毅)に付された自註の一節である。 おもしろいのは、「風味絶佳」という言葉から「キモい」という言葉へと下るその落差だ。すとんと落ちる。「キモい」みたいな言葉は、語彙の貧しさを象徴する言葉のように扱われがちだが、ここでは、むしろ、語彙の豊かさのなかで「キモい」という一語が救われている。

岸本尚毅という俳人を考えるうえで、語彙というのは、きわめて重要な観点のひとつとなりうるだろう。たとえば、《しぐるるやをかしき文字のトイザらス》や《WOW WOWと歌あほらしや海は春》、あるいは《テキサスは石油を掘つて長閑なり》といった句は、まさしくこの点からこそ光が当てられるはずのものではないだろうか。そういえば、こんなことも書かれているではないか――「森澄雄の〈妻がゐて夜長を言へりさう思ふ〉の「さう」をいつか真似てみたいと思っていた」(同前、124頁)。これは、《さういへば吉良の茶会の日なりけり》という一句に付された自註の一節である。このように、ひとつの言葉を自らの語彙に加えるために句を書くということがある。その姿勢には、もしかすると、子規や漱石に通じるところがあるのかもしれない。すなわち、そこで試みられているのは、次のような意味での「写生」かもしれないのである。
要するに、子規にとって「写生」において大切なのは、ものよりも言葉、すなわち、言葉の多様性であり、その一層の多様化であった。そのことを理解していたのは、多種多様な言葉をふんだんに使った漱石だけである。
(柄谷行人『定本日本近代文学の起源』、岩波書店、2008年、84頁)

しかし、一方で、尚毅は、柄谷が「一般に、写生文は、平板な言葉による「写生」という方向に受けとられた。それを促進したのが、もともと小説家を目指していた高浜虚子なのである」と図式化してみせるような歴史的な文脈のうえにも身を置いているには違いない(同前、84頁)。ここをどう考えるかが、岸本尚毅と語彙という主題を考えるうえで、ひとつのポイントになるはずだ。
2018/12/1

2018年12月3日月曜日

●月曜日の一句〔荒木かず枝〕相子智恵



相子智恵






狼の声を閉ぢ込め滝凍てぬ  荒木かず枝

句集『真埴』(邑書林 2018.9)所収

ニホンオオカミが絶滅した吉野の凍滝を想像した。仲間の誰にも届くことのない最後の一頭の狼の声を閉じ込めて、滝は凍っているのではないか。

「をーん」という物悲しい狼の遠吠えに色があるとすれば、凍滝の色になるかもしれないな、と、ふと思う。その毛並みのように銀色で、深い部分は青色の。鋭い凍滝の先端は、狼の牙のようでもある。

地から空へ、狼が天を仰いで仲間へと放った遠吠えは、誰の元にも届かない。逆に凍滝は空から地まで届かない。

どこにも届かない声がどこにも届かない氷の中で、宙ぶらりんに冷たく閉じ込められている。

2018年11月30日金曜日

●金曜日の川柳〔野村圭佑〕樋口由紀子



樋口由紀子






生きられて百になったら何しよう

野村圭佑 (のむら・けいすけ) 1909~1995

2018年中に百歳になる人は32000人以上で、1981年に1000人を超え、1989年に10000人を超え、百歳以上の人は年々急激に増えている。掲句は百歳まで生きた人がそれほどいなかったときに作られたのだろう。それにしてものん気で気楽で平和な一句である。

「朝、店を掃除しているときフッと浮かんだ句です。『なにしよう』といいながら自分で答を出してはおかしいんですが、百歳になっても川柳をつくりつづけていられたらこんな幸せなことはないでしょうね」と本人が対談で語っている。

こういう川柳もいいなあと思う。心身ともに健康であるからこそ詠める川柳であり、そう思える時代に生きているからこそである。自分自身も社会も信用している。〈歌舞伎から帰り返事も七五調〉〈そうそうは飲めぬ四斗樽の酒〉〈川柳がある君がいる君もいる〉

2018年11月27日火曜日

〔ためしがき〕 あけびの色 福田若之

〔ためしがき〕
あけびの色

福田若之


少年はあけびの色を科学する  橋本七尾子

この句とはじめて出会ったのは、夏石番矢『現代俳句キーワード辞典』(立風書房、1990年)を介してのことで、そのころ、僕はまだたしかに少年だった。その時期にこの句に出会えたことは、僕にとって、間違いなくしあわせなことだった。

うまく語ることができないのだけれど、それ以来、この句は、句を書く僕のいとなみにとって、ひとつの勇気そのものでありつづけている。いわゆる「口語俳句」の可能性も、俳句によるいわゆる「児童文学」の可能性も、この句が僕に教えてくれたものだ。かつてこの句から受けた震えが、僕の句には、表向きには見えないかたちで、けれどはっきりと、震えのままにありつづけている。

いま、勇気と書いた。それは思うに、この一句が、ある意志についての句でもあるからなのだろう。あけびの色を前にして、科学することは少年の意志にほかならない。僕は、この句に、系統としての科学することのはじまりとは別に、個体としての科学することのはじまりを読みとる。熟れたあけびの実の表皮の色について、僕はまだうまく語りうる言葉を持ち合わせていない。けれど、あけびの色は美しい。幼いころ、むらさきのクレヨンと、ふじいろと、あかむらさきと、それらをぐりぐりと重ねて塗った空を思い出す。あの色が大好きだった。あけびの実を知るより前に、僕はあの色を知っていた、そんな気がする。

極私的な、とりとめもない、一句との出会いの話だ。
2018/11/22

2018年11月26日月曜日

●月曜日の一句〔飯田晴〕相子智恵



相子智恵






枯に手を置けばすみずみまで眠し  飯田 晴

句集『ゆめの変り目』(ふらんす堂 2018.9)所収

とりとめのない大きな〈枯〉の世界と、そこにそっと置かれた〈手〉という小さな具象。手を置いたのは、実際には一本の冬枯の木であったりするのだろうが、そこは省略がきいて、茫漠と〈枯に手を置けば〉となっているところがいいな、と思う。

それによって、枯の一端に置かれた手を媒介に、木の枯、草の枯、地の枯、水の枯…すべての枯れたものたちの寝息を芋づる式に吸い込んで、同期していくさまが心に浮かぶのである。その寝息の静かな引力が、自分の体をすみずみまで眠りに誘う。これが芽吹きや夏の頃ならば、置いた手から体のすみずみまで力が行きわたることになるのだろうけれど、冬であるところがまたいい。

冬の自然から眠りをもらう手の、そこから体のすみずみまで行きわたった眠気の、なんと安らかなことだろう。

2018年11月24日土曜日

●暮色

暮色

花茣蓙の花の暮色を座して待つ  福永耕二

のこりゐる海の暮色と草いきれ  木下夕爾

白鳥に到る暮色を見とどけし  細見綾子

氷上の一児ふくいくたる暮色  飯田龍太

暮色より暮色が攫ふ採氷馬  齋藤玄

ひとり独楽まはす暮色の芯にゐて  上田五千石

花柘榴すでに障子の暮色かな  加藤楸邨

2018年11月23日金曜日

●金曜日の川柳〔西山茶花〕樋口由紀子



樋口由紀子






次の世は蝶で蜻蛉で舞わんかな

西山茶花 (にし・さざんか)

台所の小さな窓から見える外の景色、そこには蝶や蜻蛉が飛び回っている。この世では叶いそうもないが、せめて次の世では蝶や蜻蛉のように自由に飛翔でできるようになりたい。そうありたいと願う。さらりと言っているが内容は重い。

女性が自分の思うように生きることができない時代が確かにあった。自由に発言することも自由に行動することも許されていなかった。女性は家の中に居て、家の中のことだけをしていればいいと言われつづけてきた。家の外のことに関心を持つことも、意見を言うこともできず、行きたいところにも行けなかった。今も世界のどこかで抑圧されている女性たちがいる。〈冷めた紅茶を温めて飲んで人恋し〉〈花の木で居ればいいのに笑ったり〉〈歳ですよ バタンバタンと戸が閉まる〉 『瑠璃暮色』(1989年刊 かもしか川柳文庫)所収。

2018年11月22日木曜日

●木曜日の談林〔前川由平〕浅沼璞



浅沼璞








  法師に申せあのいたづらを  由平(前句)
手習の手ぬるくさぶらふ二郎太郎  同(付句)

『大坂独吟集』(延宝三年・1675)

「さぶらふ」は候ふ/三郎をかけている。勉強(手習い)に身が入らない(手ぬるい)三兄弟のいたずらを、寺子屋の先生(法師)にチクってやろう――周囲の子たちはそう思っている。いたずら三兄弟をぎゃふんと言わせたい。藤子・F・不二雄チックな世界。

寺子屋(手習い所)という名称は、江戸以前の教育が寺で行われていた名残である。江戸の手習い所の師匠は、僧侶のほかに浪人・医師・神官などさまざまであった。識字率の向上に手習い所が貢献したことはいうまでもないが、読み・書き・算盤だけでなく、礼儀作法や道徳まで師匠ひとりで教えるケースが多かった。

生徒(手習い子)は6才~12才くらいまでで、総勢30名ほど。小人数学級の先取りといってもいいが、躾けのいきとどかない場合もあったことがこの付合からわかる。
しかも学年制がしかれていないから三兄弟が揃っていたずらをはたらくという寸法である。

*作者の由平(ゆうへい)は前川氏。宗因門。延宝末年、西鶴・遠舟とならぶ大坂俳壇・三巨頭のひとり。元禄期は雑俳点者に専念。

2018年11月20日火曜日

〔ためしがき〕 期待 福田若之

〔ためしがき〕
期待

福田若之

上田信治『リボン』の「あとがき」に次のとおりある。
さいきん、俳句は「待ち合わせ」だと思っていて。
言葉があって対象があって、待ち合わせ場所は、その先だ。

つまり、俳句は、どう見ても、とても短いので。

せっかくなので、すこし遠くで会いたい。
これは、おそらく、阿部完市の「私記・現代俳句」に見られる次の記述を念頭に置いている。
五七五定型には思想はない。内容はない。ただ期待という、待つという――準備性というひとつのエネルギーとしてのみそれはある。共幻覚性という、作者ひとりひとりの中の共通項として煙のごとくにあり、同じようにその香の中で、その香に励起されながら、待ち、望み、準備し、潜勢力として、その存在態を保っている。このように五七五定型は無色であり、直感であり、期待である。共幻覚的直感であり、共幻覚的準備性である。
ところで、この記述は、つづけて完市自身の《あおあおと何月何日あつまるか》という一句を呼び寄せずにはおかない。
  あおあおと何月何日あつまるか    阿部 完市
と、非意味を書く――音を連ね、文字とする作業が終ったとき、この非意味一行は、何かの存在を主張しはじめる、と思う。意味を消して、消しつづけてみて、そこにのこるもの、それは五七五という何か一行、である。意味は、ただ、何月何日にあつまるのか、色あおあおと音のない音を立てて、という単純である。もしこの一句が、一句として成立するとすれば、これは明らかに定型の内包する一念による一句成立以外の何ものでもない。
「何月何日にあつまるのか」。ということは、「待ち合わせ」の約束をしているのだ。「定型の内包する一念」、すなわち、完市が五七五に見出すところの「期待」とは、いつか、ある日付において、「あおあおと」「あつまる」ことだというのである。『リボン』の「あとがき」の言葉は、おそらく、こうした記述を踏まえたものなのだろう。

要するに、『リボン』の「あとがき」は、あの「ほとんど作家本人の言葉からなる、阿部完市小論」の、つづきでもあるということなのだろう。ただし、この「あとがき」は、小論とは違って、ほとんど完市の言葉では書かれていない。完市の文章の底に感じられるどこか劇薬じみた危なっかしさ――僕の感じるところでは、それは「共幻覚性」や「香」といった語において表面に噴出している――は、良くも悪くも、信治の文章にはほとんど感じられない。あえてまったくもって図式的なことを書くなら、「待ち合わせ」という語彙は、「共幻覚的準備性」という語彙から「幻覚的」という部分を抜いたうえでさらにやんわりさせたもののように見える。信治は、完市のいう「幻覚」ということをどう引き受けていく(いる)のか、あるいは、引き受けていかない(いない)のか。
2018/11/14

2018年11月18日日曜日

〔週末俳句〕スコッティーな些事 西原天気

〔週末俳句〕
スコッティーな些事

西原天気

ピクルスを漬けてみたり。


酉の市を歩いたり(下写真はその夜の花園神社の裏側)〔*1〕


『ユプシロン』〔*2〕創刊号が届いたり。


猫がいたり。


『はがきハイク』〔*3〕に切手を貼ったり。




〔*1〕この日の模様は、こちらにも。
https://weekly-haiku.blogspot.com/2018/11/604.html

〔*2〕岡田由季、小林かんな、仲田陽子、中田美子、4氏による同人誌。創刊号は2018年11月1日発刊。

〔*3〕笠井亞子+西原天気による俳誌。投函はもうすこし先。

2018年11月16日金曜日

●金曜日の川柳〔河野春三〕樋口由紀子



樋口由紀子






おっとそれは飲めない インクである

河野春三 (こうの・はるぞう) 1902~1984

いくらきれいな色をしていても、同じ水物であっても、インクは飲みものではない。インクと飲みものはあたりまえだが別物である。だから間違うわけはないと思いながらも一句のスパッとした言い切り方と独自のリズムにインクの鮮やかな色が目に飛び込んできて、飲んでしまいそうなインクが見えてきた。インクは飲んだらいけないよとうっかり注意しそうな心境になった。

しかし、作者は河野春三であることで立ち止まった。だったら、そうではないだろう。飲めないイコール受け入れられない、と読むべきだろう。その案件は飲めるものであるかもしれないが、私にとって飲めないインクのようなものであり、決して受け入れることができない。到底納得できないという、強い意志表示であろう。「私」(1950年刊)収録。

2018年11月14日水曜日

●俳句ロボットに関するメモ〔リンク集〕

俳句ロボットに関するメモ〔リンク集〕


三田ミチコ顛末 三島ゆかり
https://misimisi2.blogspot.com/2018/10/blog-post.html

俳句自動生成プログラム開発備忘録
https://ameblo.jp/fuufudekimono/entry-12414451777.html?fbclid=IwAR12MRmyUO-ddAMHeRjGe5KyeYvGkiWelIFnih9eSUxGKK5ryWdR1eWqLVk

裏悪水「悲しい大蛇」10句
http://weekly-haiku.blogspot.com/2010/02/blog-post_3991.html

悪漢俳句:断章 西原天気 ※「悲しい大蛇」解説を転載
http://weekly-haiku.blogspot.com/2014/04/1986-2-2-1997-2-2-2-10-httpweekly-haiku.html

 ●

俳句の詩情や「カワイイ」 感性、表現でAIが人間を超える日
https://media.dglab.com/2018/11/06-ai_nomaps-01/

 ●

るふらんくん「地層」10句
http://weekly-haiku.blogspot.com/2012/09/10_2.html

忌日くん「をととひの人体」10句
http://weekly-haiku.blogspot.com/2012/10/10.html

二物衝撃と俳句ロボット「忌日くん」の爆発力 三島ゆかり×西原天気
http://weekly-haiku.blogspot.com/2012/11/blog-post_11.html

ロボットという愉しみ 三島ゆかり
http://weekly-haiku.blogspot.com/2010/07/blog-post_11.html

(西原天気・記)

2018年11月13日火曜日

〔ためしがき〕 モードとしての「連作」 福田若之

〔ためしがき〕
モードとしての「連作」

福田若之

「連作」という語については、おそらく、山口誓子や水原秋櫻子よりも、むしろ前田普羅や島村元の議論に立ち返ったほうが実相をうまくつかむことができる。彼らの議論の根本には、「連作」ということを、作品の形態というよりは、むしろ、句を読むことや作ることのモードとして捉える発想がある。すなわち、連作というものがそれとして固まって立つということではなしに、いくつかの句のまとまりを連作と読むということやそれらを連作するということがあったのだ。

2018/11/12

2018年11月11日日曜日

〔週末俳句〕鳥の嵐 木岡さい

〔週末俳句〕
鳥の嵐

木岡さい


三日月を古い駅舎で手に入れた。

フランスのロックバンド「OISEAUX-TEMPÊTE」 (鳥の嵐)の公演に出かけた。会場は人口1900人あまりの小さな村モーベックの旧駅舎。長いあいだ廃駅になっていた建物に約20年前、文化振興協会がふたたび息を吹きこんだ。いまでは年中さまざまなイベントが行われている。



「鳥の嵐」でギターやキーボード、サックスを演奏するのはフレデリック・オーバーラント。彼を知ったきっかけは詩人のクリストフ・マノンで、2人のパフォーマンスをよく最前列で鑑賞した。オーバーラントの演奏に合わせマノンが詠う。例えばこんな詩を。

なにを今さらと愛。    おしむすべ分からず
に。     先のばしするお終い。  焦がしたあの
時めき。    なつかしくて切ない。   ここまで
かけた愛。     閉じこめろ永遠に。  しまつて
その心に。  のこりの毒がまわり。  ゆっくり
とてもゆっくり。    ぼくらを。      殺す。


多才なオーバーラントは写真家でもある。わたしが抱きしめるレコードのジャケットを指さして言った。
「その三日月とったの俺だよ」


2018年11月9日金曜日

●金曜日の川柳〔延原句沙弥〕樋口由紀子



樋口由紀子






臍出して踊っているとは妻知らず

延原句沙弥 (のぶはら・くしゃみ) 1897~1959

ああ、確かに。身近でもそんな話を聞いたことがある。叔父が亡くなって、弔問に来た人たちにその話を聞いて、叔母が仰天したことがあった。堅物で冗談一つ言わない叔父にもう一つの顔があったのだ。

妻だけが知らない夫のこと、夫だけが知らない妻のことなんて、世の中にはごろごろ転がっている。例の叔父だって、叔母が高価な着物やバックを買っていることなどつゆ知らずに亡くなった。だから、家庭が平和にまわっている。

延原句沙弥は須崎豆秋・高橋散二とユーモア川柳三羽烏と呼ばれていた。「寂しければ寂しいだけ、苦しければ苦しいだけ、この人生を明るく、朗らかに生きぬきたい。ハッキリ申せば、自分はもっと笑いたい」と述べている。〈請求書上様とありぼくのこと〉〈西瓜喰う首をだんだん前に出し〉〈妻をどう呼ぶかとアホなアンケート〉〈達者な医者がヤレたべろヤレ歩け〉〈波を見ていると波がものいうている〉。

2018年11月8日木曜日

●木曜日の談林〔松尾芭蕉〕黒岩徳将



黒岩徳将








霜を踏んでちんば引まで送りけり  芭蕉
 
延宝七年作。前書きに「土屋四友子を送りて、かまくらまでまかるとて」とある。霜を踏んで、不自由な足を引いて送ったよ、という。芭蕉と四友とは、「三吟百韻」を成している。(ちなみにそのときの発句は「見渡せば詠(ながむ)れば見れば須磨の秋」である)。霜を踏むところに名残惜しさが募り、「送りけり」まで継続する。動詞が三つもあって普通ならごちゃごちゃしそうだが、意外と読みやすい。この句には謡曲「鉢木」による趣向が凝らされている。「鉢木」のストーリーはwikipediaですぐにでてくる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%89%A2%E6%9C%A8

主人公の佐野源左衛門尉常世が落ちぶれた様から北条時頼に見定められて鉢の木にちなんだ領地を得るのだが、常世と鉢・領地がリンクしているところが面白く、よくまとまった話である。常世は幕府の危急のために鎌倉に馳せ参じたのだが、芭蕉は四友上洛を見送るためであり、物語のスケールには差がある。その差も愛おしく感じるのは「霜」だからだろうか。

2018年11月7日水曜日

●見せるクジラ 橋本直

見せるクジラ

橋本直

1970~80年代に、消費地の販促で「クジラ解体ショー」なるものが行われていたという。いまならマグロでやっているあれだ。田舎の出であるわたしは見たことがないけれど、子供の頃、クジラはスーパーに行けばいつもパック入りで売っている手に入りやすいものだったし、竜田揚げが給食のメニューで出てくるものだった。今や時勢は移り、捕鯨を悪魔の所業のごとく見る向きさえある。そう遠くない未来に、マグロもそうなるのかもしれない、なんて思う。

「クジラ解体ショー情報求む 「昭和の風俗」、難航」産経ニュース 2018.10.19
≫こちら:将来リンク切れ)

2018年11月6日火曜日

〔ためしがき〕 俳句は誰にとって長く、あるいは短いのか 福田若之

〔ためしがき〕
俳句は誰にとって長く、あるいは短いのか

福田若之

いくつかのことがらを漠然と思い起こしながら、ふと、腑に落ちたことがある。

俳句は、言葉から発想する傾向があるひとにとっては、しばしば長いと感じられるはずだ。なぜなら、すでにある言葉がひとつだけでは、俳句にならないから。俳句は、たとえば季題から発想される場合には、ふつうはかならずその季題よりも長いものとして考えられる。このとき、俳句を書くことは、もとの言葉に対する足し算として経験される。

これに対して、イメージから発想する傾向があるひとにとっては、俳句はしばしばあまりにも短いと感じられるだろう。ひとつのイメージは、根本的に、言葉では言い尽くしようがない。だから、俳句に書き込むことのできるイメージは、作者の見た、ないしは思い描いたイメージよりは必ず少ないものになる。このとき、俳句を書くことは、もとのイメージからの引き算として経験される。

だから、この意味で、たとえば高柳重信にとって俳句は長く、金子兜太にとって俳句は短かったということはないだろうか。もちろん、結論を出すには慎重になる必要があるけれども、考えてみれば、これはなかなかおもしろい問いかもしれない。実際、この観点からすれば、たとえば重信の句は兜太のそれよりもはるかに今井杏太郎のそれに近いと言えるのではないかという気がする。理由はどうあれ、僕にとって、それはたしかに実感としてそのとおりだ。それも、このことは、『山川蟬夫句集』の重信よりも、むしろ『山海集』や『日本海軍』の重信についてよりよく当てはまることのように思われる。

ところで、読み手にとっては? ——それはもちろん、また別の話だ。

2018/10/31

2018年11月5日月曜日

●月曜日の一句〔堀切克洋〕相子智恵



相子智恵






露の玉こはるるまでを歪みけり  堀切克洋

句集『尺蠖の道』(文學の森 2018.9)所収

草葉の上の露の玉が滑って地面に落ち、壊れたところを想像した。地面に打ち付けられた露の玉が歪んで粉々に壊れてしまうまでの僅かな時間が、ハイスピードカメラのような視点で捉えられている。

〈こはるるまでを歪みけり〉は描写として優れているだけではなく、作者の内面の緊張感や屈折までを伝えている。それは壊れるところに焦点が当たってはおらず、壊れる前の「歪み」の方に焦点が当たっているからだ。粉々に壊れることはある意味、解放である。透明な球体が解放に至るまでのぎりぎりの緊張感の中にある歪みが、とても美しい。

2018年11月4日日曜日

〔週末俳句〕ちょういいぐあいに古い 西原天気

〔週末俳句〕
ちょういいぐあいに古い

西原天気

散歩していて、ちょういいぐあいに古いビルに出会うと、カメラを向けてしまいます。自分にとってのフォトジェニックな物件。誰にとっても、というわけではないかもしれないけれど。


2018年11月3日土曜日

◆週刊俳句の記事募集

週俳の記事募集

小誌「週刊俳句は、読者諸氏のご執筆・ご寄稿によって成り立っています。

長短ご随意、硬軟ご随意。

お問い合わせ・寄稿はこちらまで。

※俳句作品以外をご寄稿ください(投句は受け付けておりません)。

【記事例】

句集を読む ≫過去記事

最新刊はもちろん、ある程度時間の経った句集も。

句集全体についてではなく一句に焦点をあてて書いていただく「句集『××××』の一句」でも。

俳誌を読む ≫過去記事

俳句総合誌、結社誌、同人誌……。必ずしも網羅的に内容を紹介していただく必要はありません。ポイントを絞っての記事も。


そのほか、どんな企画も、打診いただければ幸いです。


紙媒体からの転載も歓迎です。

※掲載日(転載日)は、目安として、初出誌発刊から3か月以上経過。

2018年11月2日金曜日

●金曜日の川柳〔平井美智子〕樋口由紀子



樋口由紀子






座ろうか立とうかバスという世間

平井美智子 (ひらい・みちこ) 1947~

「バスという世間」の見方に驚いた。動物的な勘のような捉え方である。バスに乗るときは肉体的にも精神的にもいつも同じ状態ではない。元気なとき疲れているとき、嬉しいとき悲しいとき、怒っているときもある。たいていは席が空いていたら座り、疲れていたら空いている席を探すか、詰めてもらってでも座る。バスの席とはそういうものだと思っていた。座るか立つかを決めるのを「世間」を見てから判断するというのは、彼女の生き方そのもののような気がする。

いろんな場に遭遇したときにここではどう対処すべきかを咄嗟に思いめぐらして、行動できる。場を一瞬で見抜いて、にぎやかにするのか、おとなしくするのか、察知する。たぶん彼女はどこでもどんなときでもどんな振る舞いも出来る人なのだろう。そうでなければ、この句は生れない。『窓』(2004年刊 編集工房円)所収。

2018年10月31日水曜日

【裏・真説温泉あんま芸者】津田このみ句集『木星酒場』はなぜこんなにも人名が多いのか(ただし正答を結論したわけでも回答を求めるわけでもないWhy構文) 西原天気

【裏・真説温泉あんま芸者】
津田このみ句集『木星酒場』はなぜこんなにも人名が多いのか(ただし正答を結論したわけでも回答を求めるわけでもないWhy構文)

西原天気




津田このみ『木星酒場』(2018年8月/邑書林)には人名が数多く登場する。

ダライ・ラマ、ダリ、林家ペー・パー子、ゴッホとテオ(ゴッホの弟)、永六輔、松田聖子、ペ・ヨンジュン、モーツァルト、ベッケンバウアー。

架空で、バカボンのパパ。グループ名(バンド名)で、ザンボマスター。

人名のいちいちは、実際に句集で味わっていただくことにして、ここでは、この一句。

ベッケンバウアーという顔をして蛙かな  津田このみ

フランツ・ベッケンバウアー(1945~)はドイツのサッカー選手。世界歴代のベストイレヴンに必ず選出されるほどの名選手。Wikipedia には《背筋を伸ばし、常に冷静沈着で、DFながらエレガントなプレーでチームを統率し、ピッチ上で味方の選手達を操る姿と、『神よ、皇帝フランツを守り給え』に詠われたオーストリア皇帝フランツ1世(最後の神聖ローマ皇帝フランツ2世)と同じファーストネームであることから、「皇帝(ドイツ語: der Kaiser)」と呼ばれた。》とある。私自身、ドイツ代表チームでのプレイを幾度となく(TVで)観て、「背筋を伸ばし」た威厳のある動きやたたずまいをよく覚えている。顔も「皇帝」かどうかはわからないが、洗練と貫禄を備えている。

そうした選手像・人物像が「蛙」とはなかなかに結びつかない。

これは、どういうことかというと、ベッケンバウアーその人ということではなく、《音》の話なのだろう。

べっけんばうあー。

こんな顔なら、蛙にふさわしい。しっくりくる。

人名の《音》を取り出した句には、

なんと気持ちのいい朝だろうああのるどしゅわるつねっがあ  大畑等

がある。

アーノルド・シュワルツェネッガー(1947~)の外観や俳優としてのキャリアとは別に、うがいを想起させるこの音の並び(最後の「があ」でうがい水を口から吐き出す)が、この句の重要な成分となっている。

人名から《音》だけを取り出して/あるいは《音》に焦点を合わせて、意味や描写(ときとして俳句を退屈にする)からすこし逃れる。人名の擬音化は、もっと精力的に試されていい手法だと思っています。


≫津田このみ『木星酒場』 邑書林 ONLINE SHOP 
http://youshorinshop.com/?pid=134582076

2018年10月30日火曜日

〔ためしがき〕 むささびしい 福田若之

〔ためしがき〕
むささびしい

福田若之

むささびしい――そんな形容詞が、たぶん、あってもよいような気がした。思いつきだ。

2018/10/29

2018年10月29日月曜日

●月曜日の一句〔花野くゆ〕相子智恵



相子智恵






ハロウィンの血糊描き足す少女かな  花野くゆ

句集『子の鞄』(角川文化振興財団 2018.9)所収

今では日本最大級であるらしい川崎のハロウィンパレードが始まった1997年当時、私は川崎に住んでいたのだけれど、このパレードに新しさを感じたものだ。しかしそれから20余年が経ち、ハロウィンもすっかり世の中に定着した。新しい季語はこうしてできあがるのかと、なんだか生き証人になった気分である。

掲句、仮装の少女が血糊を描き足している場面に遭遇した。少女にとっては、血糊もその日だけのおしゃれなのだ。友達と面白がりながらも真剣に、どうしたら自分がかわいく見える血糊にできるか、鏡を覗き込みながら描き足しているのだろう。ユーモラスな街角スケッチの中に、確かに現代が捉えられている。

2018年10月28日日曜日

〔週末俳句〕本をひらく 西原天気

〔週末俳句〕
本をひらく

西原天気

毀れた「?」を発見。誤植? 文字欠け? マイクル・コリンズ『フリーク』(創元推理文庫/1990年)。


某日、閒村俊一装幀集『彼方の本』刊行を祝ふ会へ。口絵に多数書影。エッセイと俳句も入った、おもしろい本。





2018年10月27日土曜日

〔週俳600号に寄せて〕豊の秋 馬場龍吉

〔週俳600号に寄せて〕
豊の秋 馬場龍吉
画像をクリックすると大きくなります

祝事の重なる日々や豊の秋

週末は週俳読みに鶴わたる

刊行の冊子分厚く胡桃割る

俳聖殿にて柿の葉すしの鮭を詠む

句業まだまだ足りずとや穴まどひ

六道のどこを行つても秋なりぬ

百年の漬物石の小ささよ

号砲がここまで響き紅葉散る

記憶とは松茸ほどに匂ふもの

念力の角の欠けたる新豆腐

2018年10月26日金曜日

●金曜日の川柳〔松岡雅子〕樋口由紀子



樋口由紀子






花の名を忘れ薬の名を覚え

松岡雅子 (まつおか・まさこ)

確かにと、膝をポンと叩いて、座布団を一枚あげたくなる。実生活をそのまま詠んでいるようだが、忘れたことなんてたくさんあるはずである。その中から「花の名」と特定したところに手柄がある。そう言えば私もそうだと思い当たる。

桜や菊やチューリップなどは誰でも知っているが、花は多種多様で、意外と花の名前のわからないものが多い。たぶん、作者はちょっと前まではわりと知っていたのだ。よく知っているねと言われていたのだろう。それがいまではすっかり忘れてしまって、薬の名を覚えるようになった。薬は間違えて飲んだら一大事だから、どうしても覚えておかなければならない。当然、優先順位はトップになる。「忘れる」「覚える」の微妙なニュアンスが伝わってくる。「番傘」(2018年刊)収録。

2018年10月25日木曜日

●木曜日の談林〔服部嵐雪、宝井其角〕浅沼璞



浅沼璞








 叶はぬ恋をいのる清水      嵐雪(打越)
山城の吉弥むすびに松もこそ    其角(前句)
 菱川やうの吾妻俤        嵐雪(付句)
『みなしぐり』(天和三年・1683)



『みなしぐり』は過渡的な選集だけれど、この恋の付合は談林の遺風(異風?)をついでいる。

かなわぬ恋を清水寺に祈り、帯を吉弥結びにして待つ(松)も哀れ。見れば浮世絵の祖・菱川師宣が描くような遊女・吾妻(あづま)太夫にも似た俤(面影)……。

「吉弥(きちや)結び」とは、京都(山城)の女形・上村吉弥の帯の仕方。結びの両端をだらりとさげて粋に着こなす。若い一般女性(地女)の間で大いに流行し、師宣の代表作「見返り美人図」でも描かれたほど。周知のとおり浮世絵は現代のグラビアのようなものだった。

なおこの付合、いっけん三句絡み(観音開き)のようだが、人情自(打越)から他(付句)への転じはちゃんとなされている。さすが嵐雪。

2018年10月23日火曜日

〔ためしがき〕 ゆうれい草、ユウレイソウか? ユウレイグサか? 福田若之

〔ためしがき〕
ゆうれい草、ユウレイソウか? ユウレイグサか?

福田若之

このあいだ、麒麟さんと《又の名のゆうれい草と遊びけり》(後藤夜半)の話をした(「多摩川」3/8)。「ゆうれい草」の読みの話になった。

ユウレイソウか、ユウレイグサか。あとになってから、やっぱり気になったので調べてみた。

すると、ユウレイソウは麒麟さんの言うように銀竜草の別称だが、ユウレイグサは紫陽花の別称だそうだ。音だけでなく、花そのものが違ってしまう。

銀竜草は、その姿かたちから茸の仲間と勘違いされて幽霊茸という別称もあるけれど、実際にはツツジ科に分類される多年草で、腐生植物の一種として知られている。腐生植物というのは、光合成をせず、菌類と共生することで養分を得て生きている植物のこと。葉緑体を持たず、半透明の白い茎がひょろひょろのびているそのうえに茸の笠にみえなくもない花を咲かせるので、きのこと勘違いされたのだろう。花の重みにうなだれたその立ち姿は、たしかに幽霊のようでもある。

銀竜草の花期は6月から7月ごろであるから、紫陽花とおおよそ重なる。夜半がどの時季に句を作ったかを調べても、それだけではユウレイソウかユウレイグサかを断定することはできない。

けれど、この句は、『底紅』のなかでは《腰曲げしゆうれい草のふとかなし》という一句の隣に置かれている。この句の詠みぶりは、紫陽花よりははるかに銀竜草の花のありようを思わせる。

おそらくユウレイソウで間違いないのだろう。そうであってほしいと思う。もしも、これがユウレイグサすなわち紫陽花だったとすると、こちらはこちらで七変化というまた別の名もあって、何やら浮気心のようなことが連想されてしまい、「遊びけり」という言葉が色恋沙汰のほうに寄っていってしまう。要するに、言葉が意味ありげになりすぎる。さらっとした佇まいの句であるから、さらっと読みたい。

2018/10/21

2018年10月22日月曜日

●月曜日の一句〔梅元あき子〕相子智恵



相子智恵






馬市や秋夕焼の大楽毛(おたのしけ)  梅元あき子

句集『大氷柱』(金雀枝舎 2018.8)所収

北海道釧路市の「大楽毛」の地名は、辞書によればアイヌ語の「オタ・ノシケ(砂浜の中央の意)」に由来するという。阿寒川の河口に位置し、海岸には砂丘が発達した町で、農耕には向かない土壌のため牧畜が発展。馬の競りが行われる「馬市」が、大正から昭和初期にかけて繁栄したのだそうだ。

掲句、夕焼けであるから馬市も仕舞いなのだろう。売れ残った馬たちもいるかもしれない。馬たちは秋の夕焼けに黒々と照らされ、足元には黒い影が長く伸びている。そんなシルエットの世界はわずかな時間であり、すぐに夜がやってくる。

北海道の短い秋は、照らされた仕舞いの馬市のように一瞬の印象を残しながら静かに過ぎ去ろうとしている。地名の活きた一句である。

2018年10月21日日曜日

2018年10月20日土曜日

●2018 「角川俳句賞」落選展作品募集のお知らせ

2018 「角川俳句賞」落選展作品募集のお知らせ


第64回角川俳句賞は、鈴木牛後さん「牛の朱夏」に決定いたしました。おめでとうございます!!

さて。

今年も『週刊俳句』では「落選展」を開催いたします。

第64回角川俳句賞に応募され、惜しくも受賞ならなかった50句作品を、この落選展にお寄せください。

応募作品の全てを『週刊俳句』誌上に掲載いたします。


(10月25日発売の「俳句」11月号誌上に掲載の作品は、発表を見合わせます)


送付〆切 2017年10月31日(水)

送り先

● 福田若之 kamome819@gmail.com
● 岡田由季 yokada575@gmail.com
● 村田 篠 shino.murata@gmail.com
● 上田信治 uedasuedas@gmail.com 
● 西原天気 tenki.saibara@gmail.com

電子メールの受付のみとさせていただきます。

書式:アタマの1字アキ等、インデントをとらず、句と句のあいだの行アキはナシでお願いいたします。

あわせて簡単なプロフィールを、お寄せ下さい。

ご不明の点があれば、上記メールアドレスまでお問い合わせください。

なにとぞ奮って御参加くださいますようお願い申し上げます。

2018年10月18日木曜日

●梨 西原天気



西原天気


西のほうで暮らしていたせいでしょう、梨といえば、きまって「二十世紀」、産地といえば鳥取県でした。

  前世紀の遺物の梨を食うてをり  三島ゆかり〔*〕

カシカシと果肉に歯が入るたび、果汁がほとばしる。みずみずしい品種です。

東京近郊に移り住んでからは、とんと「二十世紀」を見なくなりました。幼いときの反動はこの分野にもあらわれ、好みはしだいに、やわらかい梨へ、「二十世紀」とは対照的に食感がムニムニとした洋梨へ。

  洋梨喰ふ夜はひたひたと沖にあり  櫻井博道

  洋梨とタイプライター日が昇る  髙柳克弘

  洋梨はうまし芯までありがたう  加藤楸邨

ありがとう、梨。ありがとう、いろいろな梨。


〔*〕『鏡』第29号(2018年10月1日)

2018年10月16日火曜日

〔ためしがき〕 てんげり 福田若之

〔ためしがき〕
てんげり

福田若之

助動詞の「つ」+「けり」には二通りある。よく知られている「てけり」がひとつ。それとは別に「てんげり」というかたちがある。

俳句では、尾崎紅葉の《いと惜しむ手鞠縁より落ちてんげり》 や本井英の《墓主は切られてんげり法師蝉》といった句があるが、いまのところ、あまり見ないように思う。

まだまだ、開拓する余地があるかもしれない。

2018/10/10

2018年10月14日日曜日

〔週末俳句〕10月の入り江 木岡さい

〔週末俳句〕
10月の入り江

木岡さい


臀部をすくい二の腕を引っ張り岩に押し付けた。切りたった石灰石の崖を見上げる入り江で泳いでいた時だ。盛り上がる波の緩やかさに油断していた。身体は一瞬、波になされるがままになった。

子どもがいない10月の海岸。大人たちは、持参のパラソルの下で寛いだり、潜ったりしている。ガツガツとした岩場を行く、こんがりと日焼けした姿はどれも、映画 『太陽がいっぱい』のアラン・ドロンに見えるのが不思議だ。夏の名残りがまだ腰を据える空気の層の奥に、マルセイユの高層ビルが小さくかすむ。

陸に上がると、海水と混じりあった血が左肘に広がった。荒い岩肌で切ったらしい。近くの男性が血に気づき、ティッシュを差し出した。白い野球帽にサングラス。ひとりで時々この海岸へ来るという。「ミストラルが吹かない日も、このあたりの波の流れは強いからね」と、サングラスをずらし微笑んだ。

男性と30分ほど話し、読みかけの本を開いた。変哲もない日。みんな裸ということ以外は。




2018年10月12日金曜日

●蠟燭

蠟燭

蠟燭と冷たき石の照らし合ふ  岡田一実〔*〕

蠟燭のにほふ雛の雨夜かな  加舎白雄

蠟燭の焔の瑠璃や夏の暮  山西雅子

鶴眠るころか蠟燭より泪  鳥居真里子


〔*〕岡田一実句集『記憶における沼とその他の在処』(2018年8月30日/ 青磁社)

2018年10月9日火曜日

〔ためしがき〕 音韻論の西へ 福田若之

〔ためしがき〕
音韻論の西へ

福田若之


詩における反復の重視がいかに効果的であるとはいえ、音の織物はたんに数量面での工夫に尽きるわけではけっしてない。一回だけ、ただし主要な語や適切な位置に、対照的な背景をもってあらわれる音素が、きわだって重要になることもある。
(ロマン・ヤコブソン「言語学と詩学」、桑野隆訳、ロマン・ヤコブソン『ヤコブソン・セレクション』、桑野隆、朝妻恵理子編訳、平凡社、2015年、225頁。)

個別の句についての音韻論的な分析はいまや巷にあふれかえっているが(それらはかならずしも文献ではなく、むしろ句会などにおいてなされている)、それらは、しばしば、こうした視点を欠いているように思われることがある。

たとえば、《みづうみのみなとのなつのみじかけれ》の音韻について語る者は、おそらく誰でも「み」の頭韻のことを言う。続けようとすれば、さらにn音やt音に話題を移すことになるだろう。そのとき興味深く思われてくるのは、数のことだけで言えば、印象的なm音よりもn音のほうがずっと多いということだろう。なにしろ、「の」だけでも「み」に肩を並べるのだ。しかし、さらにその先には、一句を断つために表れたかに思えるr音と、それを導入するためのものとも思えるk音の唐突な出現といったことを、やはり念頭に置く必要があるはずだ。そこには、裕明自身の意図がはたらいたというよりも、むしろ、そもそも彼の書く日本語がそのようにできていた、とでもいうような趣がある。

俳句における反復に対して音韻論的な観点から捉えることが充分に浸透している今日となっては、もはや、誰にでも分かる頭韻や脚韻を指摘することはたんなる前提の確認にすぎなくなってしまっている。喩えるなら、それは音韻論の東海岸にすぎない。もっとも厳密な意味での音韻論に徹しようとすれば、おそらく、最終的にはいっさいの統計的な測定を捨てて、また、文字による助けを捨てて、鍛えあげられた耳だけを頼りにするような立場に身を置かざるをえないだろう。だが、俳句についてそのように語ることは、すくなくとも今日、ほとんど不可能なことに思われる。だが、それゆえに、そこには夢があるのかもしれない。

2018/9/25

2018年10月8日月曜日

●月曜日の一句〔津田このみ〕相子智恵



相子智恵






病棟の床の矢印行けば霧  津田このみ

句集『木星酒場』(邑書林 2018.8)所収

駅やスーパー、銀行のATM、公衆トイレでも、そういえば床に矢印のシールが貼ってあることは多くて、気づけばその通りに歩いたり、「ここで待て」のシールがあれば、そこで立ち止まったりする自分がいる。すっかり無意識に思考停止のまま、矢印の床シールの思い通りに動かされているものだなあ、と思う。

掲句、どきりとした。そういえば大きな病院の廊下にも矢印があった。床の矢印通りに歩いていったら、霧であったという。もうそこには矢印はなくて、自分の次の行動を指示してくれるものはない。「五里霧中」という言葉もあるように、霧は不安を連想させる。病棟であるから、やはり病気の不安を思う。

一方で、最後に「霧」でストンと軽やかなオチが付いてたような掲句の構造からは、絶妙な軽さが生まれていて、その諧謔味に救いがある。

矢印の一寸先は暗く黒い闇ではなくて、白い霧。その中に入れば体が浮遊するような真っ白な世界。何も見えなくて不安であるが、どこへ行くのも自由なのである。

2018年10月7日日曜日

〔週末俳句〕入場無料 西原天気

〔週末俳句〕
入場無料

西原天気


入場無料なのに見応え充分・内容充実の博物館・記念館は、都内にいくつもあるらしく、四谷三丁目の消防博物館もまさにそうでした(東京近郊に暮らしていながら、なおかつここはクルマでしょちゅう通るのに、入ったのは初めて)。

江戸火消しの史料展示やら明治期の消防機械化やら。なかでもミニチュアを点在させたパノラマに(なぜか)心惹かれました。



そこから程近い四谷於岩稲荷田宮神社と陽運寺も入場無料。日本一有名な幽霊、お岩さんゆかりの寺社。



この日、知り合いの吟行にくっついていったのですが、俳句は作りませんでした。火事は冬の季語だし、幽霊は夏の季語だし。※ここ、真に受けないでくださいね。為念。

句会も遠慮して、ひとり散歩を続けました。

散歩はおおぜいでなんだかんだ言いながらも愉しいし(今回の消防博物館などはとりわけ、そう)、ひとりも愉しい。

2018年10月6日土曜日

◆週刊俳句の記事募集

週俳の記事募集

小誌「週刊俳句は、読者諸氏のご執筆・ご寄稿によって成り立っています。

長短ご随意、硬軟ご随意。

お問い合わせ・寄稿はこちらまで。

※俳句作品以外をご寄稿ください(投句は受け付けておりません)。

【記事例】

句集を読む ≫過去記事

最新刊はもちろん、ある程度時間の経った句集も。

句集全体についてではなく一句に焦点をあてて書いていただく「句集『××××』の一句」でも。

俳誌を読む ≫過去記事

俳句総合誌、結社誌、同人誌……。必ずしも網羅的に内容を紹介していただく必要はありません。ポイントを絞っての記事も。


そのほか、どんな企画も、打診いただければ幸いです。


紙媒体からの転載も歓迎です。

※掲載日(転載日)は、目安として、初出誌発刊から3か月以上経過。

2018年10月5日金曜日

●金曜日の川柳〔井出節〕樋口由紀子



樋口由紀子






父はときどき菓子折りさげて芒野へ

井出節(いで・せつ)1944~2005

父親が菓子折りを持ってときどきどこかに出掛けることはありそうなことである。しかし、行き先が「芒野」とは、読み手の予想を裏切る。「芒野」は癒しの場として読むこともできそうだが、よからぬところのような気もする。

「ときどき」だから、今回だけではない。ときどきそうしなければならないものが父にはある。芒野に行かなければ遣り過ごせないものを抱えている。それが「父」というものだと父である作者は言っているように思う。菓子折りをさげる父、芒野へ行く父、そんな父の姿が見えてくる。〈一つめの桃は見送ることにする〉〈いかがせむいかがせむとて舞いにけり〉〈哄笑うために赤い鳥居によじ上る〉 『井出節川柳作品集』(2002年刊 川柳黎明舎)所収。

2018年10月4日木曜日

●木曜日の談林〔三輪一鉄、田代松意〕浅沼璞



浅沼璞








小鹿の角のさいの重六     一鉄
  汐ふきし鯨油火かき立てて    松意    
『談林十百韻(とつぴやくいん)』(延宝三年・1675)



宗因を奉じた江戸談林の連句集から、短句/長句の付合。

江戸時代の賭博は丁半博打。さい(サイコロ)を転がしてサイの目の奇数と偶数で勝負を決めた。重六(ちょうろく)とは六のぞろ目が出ること。それを確認するため油火をかきたてる賭博場の情景を詠んでいる。博打はご法度であったから灯りは弱くしてあるが、かつてその鯨が汐を吹いたように、今その鯨の油火がかきたてられているのだ。いわゆる談林的誇張。

博打に興じることを「鹿の角を揉む」というように、鹿の角をサイコロとし、また鯨油を灯火とした背景には、狩猟や捕鯨の産業化があった。つまり鯨や鹿を原材料として詠みこむ談林俳諧は、商品経済が発達した消費社会を下部構造としていた。

それにしても小鹿(をじか)の角と、汐をふいた鯨とを対で詠んだこの付合は、小と大、静と動、山と海といったイメージギャップを露わにしている。そこにも談林らしい視点がある。

この連句集を機に、江戸の一結社の呼称であった「談林」が、宗因流の汎称として世に知られるようになる。

2018年10月3日水曜日

●屋上

屋上

屋上は大きなひかり空澄めり  飯田 晴〔*〕

屋上に洗濯の妻空母海に  金子兜太

曙や屋上の駅永遠に  摂津幸彦

死をさそふ人工芝の屋上は  田川飛旅子

屋上に見し朝焼のながからず  加藤楸邨


〔*〕飯田晴句集『ゆめの変り目』(2018年9月/ふらんす堂)

2018年10月2日火曜日

〔ためしがき〕 洗面台に置かれた「俳句」 福田若之

〔ためしがき〕
洗面台に置かれた「俳句」

福田若之


たとえば、いま、たとえば、もしたまたま俳句に興味をもった中学生がGoogleに頼ったときにどんな情報に出会うことになるのか、と思って、ときたま、ただ「俳句」の一語だけで検索をかけてみたりすることがある(いま仮に中学生と書いたのは、ちょうどそのくらいの年齢のころに初めてのパソコンを与えられた僕自身の体験によることで、それ以上の意味はない)。

Wikipediaの記事をはじめ、現代俳句協会や伝統俳句協会の公式サイトや、お~いお茶新俳句大賞の結果、『プレバト!!』の宣伝記事、角川の『俳句』の公式サイト、青空文庫に収められた高浜虚子「俳句の作りよう」などなどが並ぶ(余談だが、俳人協会の公式サイトは上の二協会に比べるとずいぶん下のほうに出てくる。協会名に「俳句」が入っていないせいだろうか)。そのなかに、今朝、おもしろいものを見つけた。

LUSHというイギリス発のコスメブランドが発売している「俳句」"Ultrabland"というクレンジングの商品紹介ページである。だが、「古代ギリシャで愛用されていたコールドクリームのフォーミュラを再現した、とてもシンプルなクリームタイプのクレンジングです」と紹介されるこのメイク落としは、「アーモンドオイル、ローズウォーター、ミツロウ、ハチミツは、古来より世界中で愛され続けている自然由来の原材料。強い洗浄成分に頼るのではなく、必要な潤いを補いながらお肌をいたわります。メイクや毛穴の汚れをしっかり落とすクレンジングなのに、スキンケアまでできてしまう、一石二鳥のクリームです」というふうに続く説明を読んでみても、なぜ「俳句」と呼ばれることになったのか、まったく見当がつかない。

そこで、今度は「俳句Ultrabland 名前の由来」で検索をしてみる。すると、「ネーミングにもハマってしまう『LUSH』のコスメ」と題されたexcite.ニュースの記事が出てきた。LUSHの商品のネーミングについて、ラッシュジャパンの広報担当者への取材をもとに記したもののようだ。こんなことが書いてある。
広報の関本さんによると、ネーミングは、本国イギリスでつけられている、英語の響きの面白さを活かしてそのままカタカナ表記にしているものと、直訳したもの、またイメージから、日本語にふさわしい表現に意訳したものがあるそうだ。

そう、特に意訳がすごい。
中でも一番面白いのが、「俳句」という名の洗顔料。実は英語では「Ultrabrand(ウルトラブランド)」というのだそうで、なぜかというと、この商品は、ラッシュを10年前に立ち上げたスペシャリストたちが、そこからさらに15年も前に既に開発していたという、いわば代表的商品なのだった。だからこそ“ウルトラ”=“超”なのだ。そこで、日本ではその意味を重視して、昔から長く親しまれ続けている日本文化のひとつからとり、「俳句」と名付けたのだとか。
もちろん、日本において「昔から長く親しまれ続けている」「文化」にもいろいろなものがあるわけで、そのなかでとりわけ「俳句」の名が選ばれたことにどれほどの理由があるかはわからない。いずれにせよ、この国に暮らしている少なからぬ人々が、名前だけであれ「俳句」と呼ばれるものを家庭の洗面台に定期的に補充し、それによってメイクを落としているのだと想像することは、何か不思議な感情をかきたてることではある。LUSHの公式サイトには「メイクおとし『俳句』で健やかなお肌へ――美肌への近道」というページもある。そこでは、このクレンジングの使用法が次のとおり説明されている。
  1. 適量を手に取り、お肌になじませながら、顔の中心から外側に向けてクルクルとマッサージをして行きます。
  2. マッサージが終わったら、しっかり濡らしたコットンで優しく『俳句』をふき取っていきます。ホットタオルを使って、顔全体をスチームで包みながらふき取るのもおすすめです。気持ちまで心地良く温まるのを感じます。
  3. 次は、洗顔となりますが、しっかりメイクしていない日も「メイクおとし&洗顔」のステップはお忘れなく。お肌の大敵である、ほこりや余分な皮脂をその日のうちにしっかり落とすのが美肌作りのカギです。
  4. その後は、化粧水で潤いを与え、お気に入りの保湿クリームでお肌をお手入れしてください。
<時間がある時は> 小鼻を優しくじっくりマッサージして、ディープクレンジング。『俳句』が毛穴につまった黒ずみを徐々に溶かし出していきます。
適量の「俳句」を手に取ったり、それを肌になじませたりすること。しっかり濡らしたコットンで、顔の「俳句」を優しくふき取ること。「俳句」が毛穴につまった黒ずみを徐々に溶かし出していくということ。文芸としての俳句だけが「俳句」の名に値すると疑わないひとびとのほとんどは、おそらく、そんな日常を想像だにすることはない。たしかに、文芸としての俳句にとっては、そんな日常を想像してみることになど、ほとんど何の価値もないかもしれない。それでも、こうした想像は、僕にとって、しばしば大きな喜びを感じさせてくれるものなのだ。

たとえば、学校から帰ってきた子どもの手のひらの、どうやら油性ペンで書いたらしいほんの俳句ほどのメモ書き――いや、もしかするとそれは誰かにとっての「俳句」そのものだったかもしれない――を、ふつうの石鹸では落とすことができずに、母親が普段メイク落としに使っている「俳句」でもって拭い去るといったことが、もしかしたら、あるかもしれない。「俳句」が「俳句」によって心地よく消し去られるということ、「俳句」が「俳句」に溶けだしていくということ――もちろん、こうした想像は、いくつかのゆくりない輝きのほかに、いかなる根拠も持ち合わせてはいない。

それにしても、洗面台に置かれた「俳句」というイメージは、僕にとっては、何よりもまず次の句を思い起こさせるものだった。

初雪を見てから顔を洗ひけり 越智越人

一句は、越人の意図とは無関係に、いまに至るまで繰り返される何事かを指し示しつづけている。この句を知らずにいるひとたちさえもが、思いがけず、その出来事をなぞりうるだろう。そして、今日では、もしかすると、その洗面台に「俳句」が置かれているかもしれないのだ。それは、ほんとうにささやかなことではあるけれども、何かしら運命的なものを感じさせずにはいない偶然ではないだろうか。

2018/9/7

2018年9月28日金曜日

●金曜日の川柳〔玉利三重子〕樋口由紀子



樋口由紀子






ご遺族といわれて遺族かと思い

玉利三重子 (たまり・みえこ) 1935~

「あっ、そうだった」「これはわたしのことだ」とはっとする。斎場に行くと「ご遺族さま控室」がある。係りの人に「ご遺族さま」と案内もされる。言われてみて、そうか「遺族」として参列しているのだと気づく。遺族として参列していても、遺族の実感がない場合がある。身内ならさすがにそうではないが、会ったこともない、顔も知らない遠い親戚の葬儀に出ることもあるからだ。

ふと感じる意識のずれと日常の違和の表明。なおかつ、かすかな問題意識を持って一句を成立させている。乾いた書きぶりで、人の心の微妙な綾を突いている。〈猫といる時間がとてもやわらかい〉〈町内のことに詳しい猫のひげ〉〈狂わずに生きて喜劇の中にいる〉