2010年2月14日日曜日

「週俳」投句ボード

「週俳」投句ボード

兼題 「石」「橋」「楽」「器」「梅」「田」「店」

コメント欄に御句そのほかを、
「個人情報を選択」で「名前/URL」を選択、俳号をご記入ください。

締切:2010年3月6日(土)
当季(無季アリ)
他誌・他サイトとの重複投句はご遠慮ください。

22 件のコメント:

三島ゆかり さんのコメント...

金槌と石頭ゐて春の池
地下水を渡る橋あり春の闇
大楽器なればおほきく春映す
春寒や中は器の字の安全器
梅林を載せる地面のかなしくて
鉄道で田の終りたる春の国
店なりし頃のままなる日永かな

Haiku Weekly さんのコメント...

投句・第1弾ですね。ありがとうございます。

一挙に7句でなくてかまいません。
一句ずつでも。

露結 さんのコメント...

石原も美空も死んで春の星
橋の名は愛染橋といふ百恵
楽屋から流れてくるは神田川
器まづ用意しておくチャンチキおけさ
梅沢や恋はいつでも紙吹雪
田を打ちてお座敷小唄口ずさむ
店閉めて裏口灯る思い出酒

松木 秀 さんのコメント...

春雷や尿路結石ややうごく
磯巾着は抽象的に橋である
邦楽は教育テレビ風光る
女性器はちやんとおめこと言え黄砂

ここまでで投稿しますすみません。

松木 秀 さんのコメント...

紅梅やつまらぬ愛語吐きてをり
純情な磯巾着の田中さん
店番の老女眠りて春うらら

とよチャンネル さんのコメント...

梅が咲く砲丸投げの銀漢だ

ジュゴン鳴く海の挽歌の楽となり

藤本  る衣 さんのコメント...

店番と春のめだかとその影と
田の神のくらくら遊ぶ芹の水
紅梅であったか桃の花であったか
蛇穴を煙草のけむり楽となり
楽器屋の紐突っ込んでからすの巣
こはれさうな橋の向かうや春焚火
春蘭のむかし袂へ石を入れ
           藤本  る衣
    
              

高橋透水 さんのコメント...

 陽光をこぼしてゐたる枝垂梅

 石橋のアーチを潜る春一番

 若草や牛は楽器を一つ持ち

 農夫より田を知り尽くす田螺かな

堰ごとの田に馴染みゆく春の水

春物のぶつかりあひる生花店

ジャンケンで何か始まる夜店かな

栗山 心 さんのコメント...

石鍋にビビンバ焦げし日永かな
東屋に架かりし橋や花杏
春ショール千秋楽のロビーかな
連翹や青磁の茶器に伝統茶
白梅の襲色目のチマチョゴリ
春昼や陸田を超え撮影所
風信子カフェといふより喫茶店

あまつばめ さんのコメント...

はじめまして あまつばめ です。


足跡の化石だよこれ川涸れて

寒々と石屋の墓石のっぺらぼう

焚火して洞に描くや石器人

石積みの街です春の日暮れです

石一つひろいて帰る春の山

〇い石△な石□石

春田打つ首吊りありし森を背に

首吊りのずれし眼鏡や春の雨

猫髭 さんのコメント...

 「花鳥」 猫髭

冴返る信楽焼の大狸

春寒を渡る隅田の橋尽し

白梅の萼の色吸ふ斑雪

東風吹かば石蹴り石積み石弾き

田螺鳴くやうに田螺を啜りけり

魚店や父ちやん蜆はでつかいよ

不器男忌のにはとり柵を越えざりき

花鳥や石橋楽器梅田店

高橋透水 さんのコメント...

白梅やジャガバタ知らぬ道真公

風光る橋に向きたる芭蕉像

飯事の食器に並ぶつくしんぼ

初蝶や風の話を楽しめり

飯島雄太郎 さんのコメント...

田んぼ明るし真昼のイエス・キリスト
夜通し踊りつづける橋が月光に
夕焼くる石の中まで絶叫し
梅咲くや紙の死体のうらおもて
梅咲いて本棚は魚あふれけり
むせいせいしょくの楽器をもて余す

沖らくだ さんのコメント...

豊玉の梅も何処ぞに石田村
弥生賞間際船橋法典なう
神楽坂土産にもらう春の風邪
蛇穴を出でて左が青梅線
風船や町田川崎また町田
原人も周口店の春の闇

あめを さんのコメント...

夜つぴいて空飛ぶ伊勢の大田螺

花冷の石にのたうつ梵字かな

minoru さんのコメント...

春の闇よりひそひそと石の声
橋姫が春の光と影を織る
踏青や楽の音がその一歩から
春を盛る弧状列島系器
白梅を百里の隔て紅梅や
春の田にひねもすのたりのたり土
店の奥地虫の出づる気配あり

七&七風姿 さんのコメント...

メデュウサの目の土産持ち日本橋
毎日が閉店セ-ル春朧
田螺鳴く深夜食堂明々と
囀りや器に並ぶ喉仏
梅ヶ香や焚けばサロメも泣きに寄る
ふたなりの管楽器奏者桜狩り
逃げ水に石を抱えてジャンプする

中村 遥 さんのコメント...

亀鳴くや眠たさうなる亀石に
涅槃会へ雨の吊橋渡りけり
海鳥の鳴き声くもる梅くもる
潮臭くなるまで春田打ちにけり
苗床のできたり雅樂鳴る中に
縄文の器の並ぶ花の冷え
古書店に深く入り亀鳴いてをり

金子 敦 さんのコメント...

立春の川底の石光りけり
残雪の橋渡りつつ手を振りぬ
春浅し音楽室の肖像画
下萌や楽器ケースの重さうな
白梅の散りこんでゐる控室
春田までトランペットの音聞こゆ
朧夜やカラオケ店へぞろぞろと

鈴木牛鈴 さんのコメント...

老猫の石につまづく目借り時
廃道の橋は猫柳の培地
待春の水に浮きたる楽天家
春光を梳りたる分光器
盆梅を借景としてトミカタウン
水温む野に戻りゆく田をゆけば
浅春のおとめや手芸店古りて

近恵 さんのコメント...

石ころの正面がある春の風邪
木の芽風渡ると軋む丸木橋
音楽になりかけてゐる春の山 
器より草餅剥がす音したり
梅が枝の先より宇宙への電波
錆びつきし自転車見ゆる春田かな  

Haiku Weekly さんのコメント...

多数の御投句、ありがとうございます。

締め切らせていただきます。

選評(本誌)を楽しみにお待ちください。